夫婦エッセイ漫画「おでこがまぶしい」

ていたらくな30代フリーランスのエッセイ漫画。主に自分と夫のことを描いています。更新日を試しに火水木に変えてみました。

夫婦エッセイ漫画 おでこがまぶしい

ていたらくな30代フリーランスのエッセイ漫画。主に自分と夫のことを描いています。

おなかさん

新婚旅行でハワイへ行くゾ【本編④】〜ワイキキでトローリーに乗ってハンバーガーを食べる〜

ハワイといえば、ワイキキ!ワイキキでは、海で泳いだり、ショッピングしたり、ハッピーアワーでビールを飲んだり、色々と楽しみました。

新婚旅行でハワイへ行くゾ【本編③】〜レンタカーで道路を逆走した話〜

ハワイでレンタカーを借りてから、左ハンドル右車線で運転したときのあれこれ。 左ハンドル緊張するーとは言っていたが、まさかのハワイで逆走するとは!

ふるさと納税で住民税の控除がされてなかった話

昨年度の確定申告から、ふるさと納税を導入した我が家。色々は返礼品が届きウハウハしていたのも、つかの間・・・。

新婚旅行でハワイへ行くゾ【本編②】〜イリカイ ホテル & ラグジュアリー スイーツ Ilikai Hotel & Luxury Suites〜

前回の続きです。 まずは空港からホテルへと向かうことにしました。ホテルへはタクシーで向かいます。

新婚旅行でハワイへ行くゾ【本編①】〜旅立ちの日(成田空港・ANA機内編)〜

ではいよいよ『ハワイで新婚旅行』の本編です。 まずは出発当日の朝(え⁉︎そっから?)。

新婚旅行でハワイへ行くゾ【報告編】〜8泊10日の旅行から帰ってきました〜

2週間、漫画を描いていない間に、遂に新婚旅行へ行ってまいりました!これからまたよろしくお願いします。

梅雨の腹肉について

東京に梅雨入りしていきなり肌寒くなった日、おなか(夫)が出かけるというので見送りに行ったら、なんか薄着だったので…

クレーマーになってしまう怖れと、黒焦げのカキフライのはざまで揺れる2人

この前ご飯を食べに行ったとき、おなか(夫)がカキフライを頼んだ。 だが、店員さんが持ってきたのは、かなり焦げたカキフライー‼︎さぁ、私達はどうする?

ハエと夫の死闘、4試合。

昨晩、我が家にハエが迷い込んできた。とりあえずもう遅かったので、寝室にさえ入って来なければ明日でいいやと思う私と、今すぐどうにかしたい夫。

おかげさまで漫喫を満喫できました。

漫画を一気読みしたくなって久しぶりに漫画喫茶に行った。 禁煙席はフラットシートがなく、遅れて個室に入ってみると…。

酔っ払いの恥は永遠にここに

おなか(夫)、出張先で飲み会後、酔っ払ってホテルに帰還したそうな。 そして翌朝…。

心の葛藤に打ち勝った…ゾ!

わたしが漫画を描いていると、どんなことを描いているのか気になるおなか(夫)。チラッチラッチラッ。

夫の完璧なプラン

ちょっと食に卑しいわたしに、おなか(夫)は、優しいのでだいたい分けてくれる。だが、この前ファミレスに行ったときは…。

ナチュラル王子さま気質

おなか(夫)は三人兄弟の末っ子三男。それはそれは大切に育てられたそうだ(本人談)。だからなのか、大人になった今も…。

おなか(夫)、料理と妥協を覚えるの巻

おなか(夫)は、最近グリルパン料理にはまっている。取引先の人がおすすめしてくれたそうだ。

違いの分からない男

自分で自分を「違いの分かる男」だと自負している、おなか(夫)だが(前回の漫画参照)、実際のところは…。

違いの分かる男

ファンデーションを新しくしたら、あまり記憶力のない鳩頭おなかが、その違いに気づいた!のだが…

私の繊細な心が声にも出ちゃうの

引きこもりのせいで、夫以外と話す機会が少ないせいか、たまに声が小さくて聞き返されてしまう。

この人、ほんとに社会人として働けているのかな?

洗面所に置き忘れた、ヘアブラシを取りに行ったら、謎の動きをする夫。 どうしてそれでイケると思ったんだ?

新婚旅行でハワイへ行くゾ【準備編】〜期限切れパスポートの場合[後編]〜

前回の、期限切れパスポートの申請のつづき。戸籍謄本を取り寄せねばならず、申請に行けず落胆するおでこだったが…。

新婚旅行でハワイへ行くゾ【準備編】〜期限切れパスポートの場合[前編]〜

わたしたちは、新婚旅行に行っていなかったので、今年の6月にハワイへ行くことに決まりました!

怪我をするとツバを塗って治してこようとする夫の話

おなか(夫)は、自分のツバに過剰な自信を持っている。自分のツバをつけると、傷が治るとなぜか思い込んでいるのだ。

家の中ではおバカで家の外ではクールな夫の話

おなか(夫)は、家ではたいていおバカだが、外では爽やかさんで通っている。

夫のブログ名の由来はこの姿から来てる

午後7時くらいに外での仕事を終えた日は、途端にご飯作る気が失せる。 なのに、家で食べたいと言うクソ面倒臭い夫。そんなときのうちのメニューがこちらになります。

わたしの夫は鳩頭

夫はちょっと興味がないことになると、まるっと色々忘れてしまう鳩頭である。 いつもはこの鳩頭ぶりに苛立ちを覚える妻だが…

「エンッ!」のコピペを思い出す、ダウンジャケット事件

付き合いはじめの初々しさを、一瞬で消し去った事件。 これ以来、この事件の話は鉄板ネタとして語り続けられている。

【フォロワーは】気分はインフルエンサー【2桁前半】

駅まで2人で歩いていると、道を少し入ったところに、満開の桜が。 ふたりで、ほわ〜んとなっていたのだが…。

夫婦の捨てられるもの、捨てられないもの。

いらない洋服をどんどん捨てられる夫と、あんまり捨てられない貧乏性の妻。 しかし夫にも捨てられないものがあるのだ。

【夫婦で】意識低い系妻との働き方【フリーランス】

わたしたちは、夫婦でフリーランスとして働いている。 妻はウェブデザイナー。夫は、マーケティングコンサルタント。 しかし夫は妻のせいで、いらない苦労を負っているのであった。

今年の夫はちょっと違う。なんでかっていうとね。

いつもの定位置でぐうたらしていると、夫がやってきた、が…。